« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.31

岡崎駅周辺が大きく変わる!

0131_okazakiこの写真は僕の住んでいるマンションからJR岡崎駅方面を撮ったものだ。歴史的にはかなり貴重な写真になるかも。一見すると郊外にある振興地域のようだけど、岡崎でもごく古い町並みが残っていた地域だ。毎日のように次々と建物がなくなり、新しい建物がどんどんできている。特にここらあたりは道が狭かったところだが、片側2車線の道路に変わるのだ。

もともと岡崎市は中心部が名鉄東岡崎から康生あたりを中心に栄えた街だったが、完全にさびれてしまって今は中心が完全に南に移った。このJR岡崎駅を中心とした地域が街の玄関になる。ますます便利になるのだろうけど、なんだか住みにくくなるなあ……。という感じも強い。現に車の渋滞が日増しに激しくなってるし、248号線など特にヒドイものだ。

愛知は万博、新空港、車産業の好景気などでこの数年大きく変わっているが、この岡崎もえらい変わりようだ。僕が岡崎に来た16年ほど前は、このあたりはまだ住みやすかったのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.30

囲炉裏(いろり)はいいな

0130_book大人のウォーカー(東海版)で囲炉裏が特集で掲載されている。囲炉裏を囲んで旬の味を楽しむ。昔ならごく当たり前のことが、とても贅沢に感じる。囲炉裏を囲む微妙な距離感、でもみんながちゃんと向かい合って会話をする。なくしてはいけない日本の文化だと思う。これを何とか今の時代にと作ったのが超薄型・囲炉裏キットだった。数ある他の囲炉裏セットとは違って、できるだけ本物に近い低い(薄い)高さの囲炉裏を作りたかった。本当に大変なことだったけど、安易な妥協はしたくなかった。だからできた時は本当に嬉しかった。

まだまだこんな囲炉裏のキットが世の中にあることを知らない人がいっぱいいると思う。マスコミのみなさん、どうぞもっと紹介してくださいね! よろしくたのんます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.29

色えんぴつを買いに

0129_iroenpitu図書館で「色鉛筆」という本を借りた。何気なくいろんな本をパラパラ読みあさっていたら、この本にふと心が動いた。なぜかは分からない。でもその気持ちに素直になって借りた。色えんぴつで描かれた絵を見ると心が和むのはなぜなんだろう。……とかぼーっと眺めてたら、急に色鉛筆が欲しくなって、ロフトにでかけた。別に近くの文房具やでも、DIYショップでもいいけど、ロフトで買おうと思った。ついでにスケッチブックとペンも買った。たいしたことじゃないけど、子どもみたいに単純に嬉しいなあ。しばらくはお絵かきが楽しみ楽しみ。

0129_namahamuさてさて、マッキー手作りの生ハム、今日はやっぱりワインとともに。あいにく手作りワインがないのが実に残念。そろそろ仕込まないといかんな。ともかく手作り生ハム。旨いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

ツナ君が伊那谷から自転車で

0128_tuna伊那谷キャンパーズヴィレッジのツナくんが、な、なんと自転車で来社。ツナくんはガルヴィの2004年10月号にも記事になったが、今年3月20日から来年6月くらいまでユーラシア大陸を自転車で横断するというあのツナくんだ。

岡崎の甲山中学の招きで一泊二日の講義をした帰りに寄ってくれた。ユーラシア大陸横断の計画を楽しく語ってくれたツナくん。この童顔で少しきゃしゃに見える22才の若者が、そんなドデカイことをするようには見えないから不思議だ。

ところが彼は19才の時にはもうすでに「北米大陸横断1万2000km」もやり遂げている男なのだ。その自信があるからなのか、まるでちょっと遊びに行ってくるって感じで、楽しそうに語る。チベット高原などは標高3000mで真夏でもマイナス20度という寒さなんだって……。どれだけきついか……。

出発の時にまた甲山中学に来るそうだから、僕らも応援しよう! (数年後はビッグな存在になってるかもしれませんね。)

0128_hamさあ、今日は帰ってマッキーの手作り生ハムを味わうのだ。むふふ……。先ほど少しだけ試食したけど、何という旨さ!これぞ手作りならではの本物の旨さです。マッキー便りの顔を見ればもっとわかりやすいかも。(笑)
実際に作る過程を見ていただくとわかるのですが、すっごく簡単なんです。詳しくはマッキーの生ハム作り初挑戦!をぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.27

CSSの時代へ

0127_bookWebデザインも「CSSデザイン」とか「文章デザイン」というのがどうも主流になりつつあるのだろうか。僕はウェブデザイナーになりたいわけではないので、あまり難しいテクニックなど無理にマスターしたくない。ところがだ、そうは言っていられない流れだ。つまり「ウェブ標準」というのがどんどん変化していくし、検索エンジンも日進月歩。

標準が変化しているのに、今までのHTML標準でいるといつかは取り残されてしまう。当たり前といえば当たり前の世界。それに今年は「イチローの教訓」が僕のキーワードなので、めげずにスキルアップしなくてはと思う。

今日アクセス解析をしていて気になったことがある。アウベルクラフトにアクセスする人のブラウザーは圧倒的にIEが多い。93.26%だからダントツだ。僕の使ってるSafariはたったの1.65%しかない。これより多いのがなんとMozillaで1.93%ある。Firefoxというやつで、どんなんだろうとさっそく使ってみた。いやはや、かなり高速ではないか。Mac OSXだとIEとは比べものにならないくらい早い。Sleipnirというのも0.06%あるけどMacでは使えないのが残念……。しばらくはFoxfireで行こう!

全然関係ないけど、先ほど思いついてグーグルで検索してみたGoogle 検索: 手作りキット では1番。Google 検索: アウトドアグッズ でも1番。単純にうれしいなあ。
(;´_`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.26

修理も楽しい

0126_ma10年以上、ほぼ毎日使っている梱包機の調子が悪く、梱包テープが付かなくなった。テープの溶着部分のヒーターの温度が上がらないのが原因らしい。子どもの頃から僕は「修理大好き人間」。さっそく工具を持ってきてバラし始めた。このバラす時が最初の楽しみ。どうやって分解するのかを考えるのがとてもワクワクして楽しいのだ。一つ一つバラしていくと、ヒータ部分が分解できた。

よく見ると、ヒーターはまるで中日新聞日曜版の迷路パズルみたいになっている、小さい面積で大きな抵抗値を得る工夫、実に面白いなあ。さらによーく見ると、迷路の壁に当たる部分(隙間のこと)がほんのごくわずか、ショートしていた。「これだ!」たった0.1ミリほどの狭い空間だったが何とか修理できた。

組立てなおして、スイッチを入れる。「お〜〜! 煙が出たぞ〜」。つまり、ヒーターが正常に熱くなった信号だ。こんな小さな喜びこそが修理好きの醍醐味なのだ。実をいうと、この梱包機よりもっと長く、しかももっと酷使?しているのが、コピー機だ。こいつはもちろんメンテナンス契約もリース契約も切れてる「超ご老体」だ。人間で言うと80才は過ぎているだろう。

今までに幾度も瀕死の重体に陥ったが、僕はそのたびにこのご老体の命を救った。主なる部分の分解修理技術を独学で取得済み。(んなのはあるわけはない、いつも適当だけど。)とは言え正直言って、これだけ酷使し続けたコピー機には、そろそろゆっくりとご隠居生活を送ってもらってもいいと思うのだが、人間と同じで健康で動ける内はがんばって欲しいと願っているのだ。これも愛かね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.25

MRIの中で眠った

0125_hosp今日は午後から岡崎市民病院でMRIの検査を受けた。MRIは10年以上前に頭のケガをした時以来だ。検査着に着替えて、MRIのベットの上に仰向けに寝た。部屋の全体に「ボッボッボッ」というか「ドンドンドン」というか、母親の羊水の中で聞いた心臓の音?のような音がエンドレスで流れている。BGM?装置の音?何なんだろうね? 昔の市民病院の時はビートルズだったのにねえ。

技師が「大きな音がしますので、耳栓をしてください」と言って耳栓をくれた。膝を曲げ、膝の下にクッションのようなものを入れる。「はじまりま〜す」と声がした。ベッド全体が動き始め僕はMRI洞窟の中へ……。

相変わらず、変なBGM(じゃないか)が聞こえてくる。突然、「ピー、ギャー、ボボボ」などという大音響が聞こえてきたと思ったら、静かになる。いったい何をしているんだろうねえ。とは思いながらも、なんか落ち着ける感じだ。あったかいし……と。思ったら、知らないうちに。眠っていた。床屋さんで居眠りするよりもっと良かった。

まるで緊張感ゼロの検査だな。何の検査かというと、左足の付け根痛がずっと治らなくて、座骨神経症ではないかと治療中だが、念のためMRIで精密に検査をしましょうということになったのだ。結果は2月4日かみさんの誕生日。何か見つかればある意味ラッキーだろうし、何もなければ感謝感謝。と思うことにしよう。大腸のポリープが初期ガンだった時に、担当医が大きな笑顔で「ラッキーだったね」と言ったのと同じようにだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

アマチュア無線

そろそろまた再開しようかなと思っていることがある。それはアマチュア無線だ。数年前に今のマンションに引っ越しをするまでは、それなりに楽しんでいたけど引っ越しの時に段ボールに機器をつっこんだまま、そのままにしていた。それに当時の僕の興味はパソコン通信やインターネットに向いていた。

たしかに今の時代は、インターネットの普及によって、事実アマチュア無線からそちらへ流れているのだろう、街でもあまりアンテナを見かけなくなったし、あの分厚いCQ誌が半分くらいになった。第一本屋でもあまり見かけなくなってしまった。ちょっと寂しい。いや、これは大問題だ。このまま衰退させてはならぬ……。アマチュア無線の全盛期前から楽しんでいた僕としては特別な想いがあるのだ。

僕のアマチュア無線の歴史はなんと小学5年生(40年ほど前)からだ。知ってる人は少ないと思うけど、荒木一郎が主役のハロー!CQというドラマを見て憧れた。小学校6年生には独学で検定の勉強をしたけど、受験の申込み遅れで断念。結局高校生になり免許を取り、開局。コールサインは「JA2WIG」、本当にわくわくした。

真空管のSSB受信機を手作りしたり、アンテナを自作したり、友達のバイクにのっていろんな所で交信したり、CQ誌を穴が開くほど読みふけったり、もちろん世界中と交信もした。だいぶおじさんになってから、第2級アマチュア無線技士に挑戦。モールスを覚えるのはしんどかったけど無事合格!

かつては「キングオブホビー」とまで言われた趣味なのだが、今はなんと呼ばれているのかなあ……。ともかく、もう少し暖かくなったら、無線機を出して、アンテナをベランダから出そう。(アンテナもうないかなあ……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

「想像力」を鍛える方法

0123_book「天才の創りかた」という本を読んだ。夕方ジャスコに買い物に出かけて、ちょっとだけ時間があったので、楽器屋と本屋に立ち寄った。(この二つの店は僕にとっては「おもちゃ箱」だ。とくに楽器屋は店ごと買い占めたいと思うくらい。)

さて本だけど、短い時間しかなかったこともあり、いつもはじっくりある程度読み進んで、気に入ったらレジに向かうが、今日は「閃き」のようなものだけで、すぐにレジに。家に帰ってから、夕飯後一気に読み終えた。

「IQで知能は計れません」「右脳神話なんて迷信です」というような話が、かなり実験的に書いてあってとても面白い。どちらかというと、こういう話は難しく書かれていることが多いけど、むしろ反対で人間味溢れるエピソードたっぷりだった。

ところで「天才を創りかた」の方だが、自分の子どものことを振り返ると、かみさんはかなりのことをやってたし、天才については??とも思うので、まいいとして。話は僕の「想像力を鍛える方法」ということになる。が、これがめちゃくちゃ簡単な方法なのだ。これは明日から実践しようと思う。もし数ヶ月後にボク自身が変わったと思えたら、ぜひここで書こうじゃないか。「もし」がつくけど……。

それと、アウベルクラフトがやっている「手作り」もちゃんと前頭前野を活性化しているということが、書かれていた。それから高齢化社会においての痴呆問題もボクらのやっていることが役に立ちそうだ。これはどこかでまとめないとな、って思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.22

楽天市場

050122215100.jpg楽天市場に出店して2ヶ月あまり、ここではまだまだ小学生だ。きのう「楽天ドリーム・創刊号」という冊子が届いた。その中のコラムで書いてあったが、楽天市場がスタートした翌月の目標は50店だった。それが今や10000店を越える出店だ。成功しているお店もあれば、まったくだめなお店もあるだろう。

成功しているお店にはある特徴がある。もちろんいろんな努力をした結果だろうけど、最初は本当にごく少ししか売上が伸びない。せいぜい何十万とかの売上が続く。ところがある月から突然急激に売上があがり、何百万とかになり、次に何千万とかになる。いったい何がそうさせるのだろうかと思うが、けっして偶然ではないのだろうと思う。そんなお店の店長とぜひ一度会っていろんな話を聞きたいなって思う。

来月は名古屋でカンファレンスがあるので出かける、三木谷さんとボクの距離がもっとも接近する日だ。(と言っても直接話をするわけじゃないけど……。)なにかのきっかけになるかも、そう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

Webデザイン

0121_bookWebデザインのプロと素人の違いはいろいろあるけど、結局技術プラスアルファ、人の「心を動かす壺」を知ってるかどうかじゃないかって思う。テクニックやカッコイイだけではボクはプロとは認めない。デザイン会社が作ったからと言って、それがプロの作ったWebデザインとは思わない。なぜか入り口はカッコイイけど、その先に感じるものがないのだ。どうして? 商品の見せ方やスペックの見せ方はいいけど、その先にある「感じる熱いココロ」がないのだ。(ま、自分が商売をしているわけではないので、当然かもしれないけど……。)

その逆が、「熱いココロ」をもった自分でホームページを作っている、いわゆる個人企業のようなサイト。残念ながら、デザインは二の次になってしまっていて、どうもしらけてしまう。さらにあきらかにプロに作ってもらったなとわかるサイトは、その両者の間のギャップがはっきり見えてしまう。それをうまくやっているサイトもあるけど、まだまだ少ない。人の心を動かすには、やっぱりきめ細かさを感じるデザインがかなり重要なのだ。

今までと違って2005年のネットショッピングは、「Webデザインのきめ細かさと熱いココロの両方を持っているかが問われる時代」に間違いなく入っていくと思う。お陰様でアウベルクラフトも去年All About [スーパーおすすめサイト大賞2004]オンラインショップ部門大賞を光栄にも受賞した。僕らがやっていることを評価され、とっても嬉しかった。次のステップはボクの考えるデザインのレベルアップだ。ボクは51才だけど、まだまだ人生勉強、そして成長しなければと思う。
おお〜「51」?!?! なんとイチローの背番号と同じじゃないか! と、こんなささいなことで喜びを感じるおっさんです。
(;´_`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.20

NEWトートブックカバー発売開始!

macky今日は新しくなったトートブックカバーの発売開始です。お客さんのご要望もあり、ペンホルダーとしおりも付けました。ちょっとしたことですが、とても便利で使いやすいです。カラーも新しくモスグリーンを追加しました。

ブックカバーというと多くが「文庫本」用ですよね。でももっといろんなサイズがあっても良いと、A4サイズまで作りました。ボクは実際にB5のノートをこのカバーに入れて使っていますが、ごく普通のノートがとても格好良くなり、愛着も湧きますよ。

それからマッキーの生ハム作り初挑戦!も今日塩抜き、整形、風乾へと進んで行きました。毎回すんなりとは行かないこのシリーズ、今回もやってしまいました。どうなることか……。
明日にはアップできると思います。(;´_`;)

さて、ここまでみていただいてお分かりだと思いますが、生ハム作りは意外と簡単でしょう? ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいな。この時期だけの季節限定です! 生ハムキットはこちらで

myaaaこれは今日のみゃーさん。鼻の穴に発泡スチロールのクズをつけちゃって、笑えます。このあと舌でぺろり……。うまかないだろーが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

行きたいな

アップル - 直営店 - 名古屋栄がついに今週末1月22日(土)オープンする。Tシャツがもらえるからと言って、いろんなイベントがあるからと言って、週末は予定がないからと言って、も。すっごい込むのはわかっているので、行かないけど。でも嬉しいニュースだ。

blog-photo-1085390318.03-0去年の春、東京に出かけたときに、銀座の直営店に寄ったことがあるが、全てのアップル製品が手に取れて、ジーニアスに詳しく話が聞けて、それより増して、あの宝石箱のようなお店の中が、長年のアップルファンにとっては夢の島のような場所に思えた。(この気持ち、わかるかなあ?)
ともかく、楽しみができました。(^_^)b

さて。今日、先日ある大学生からのアンケートに答えた返事が届きました。
冒頭に
『先日、グループ内発表を終え、私だけでなくメンバー全員が柴田さんのお考えにとても共感しており、食を感じることへの熱意と、思っただけで済まさずそれを実際に形にするという行動力に尊敬の念を抱きました』

とあり、その後もいろんな感想や考え方まで添えてくれました。
そのひとつひとつにとても感銘を受けました。こんなふうに考えている若者がいる。僕らは勇気を持って今やっていることを続けて行こう! そう思いました。(以前ブログに書いたイチローシリーズの答えがここにあるのだろう)

そして最後にこんなメッセージがありました。
『また、余談ではありますが、就職活動を始め、「社会で働くことの意味」について考え始めた今、社会人の大先輩である柴田さんのメールがとても勉強になりました』

ボクの長男も大学生で来年就職なのだが、今年の正月はじっくりとそんな話ができた。働くことの意味を考えているかどうかは、これからの時代、とても大きな意味がある。社会起業家フォーラムの田坂教授によれば「働く」とは「はたがらくになる」ということ。この言葉には深い意味があるなあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

今日は市民病院へ

午前中に市民病院(岡崎市)に行った。3ヶ月ほど前から左の腰から足にかけての痛みがあり、なかなか治らないので、診てもらうことにしたのだ。レントゲンを撮って診断を受けたところ、どうやら「座骨神経症」らしい。

先生はレントゲンで背骨の部分をみて、ボクに説明する。
「特にヘルニアとか、骨がずれているようなことはないので、それは大丈夫でしょう」
ボクは
「先生、痛いのは腰の横から足にかけてなんですけど……」
「よくそういう質問をされるんですが、背骨のこの神経が圧迫されて、そういう痛みがでるんですよ」
と、模型をみせてくれながら説明してくれた。骨と骨の間からぴろぴろと細い神経だ出ている。そうか〜、ここから出ている神経が圧迫されて痛みがでるんだ。知らなかったです。

結局、薬を2週間ほど飲んで、来週MRI検査でさらに調べた結果、今後の治療方法を決めて行きましょうと説明をしてくれた。とても分かりやすく親切に説明してくれたので嬉しかった。実を言うとこの先生は一年前に長男が鳥取で右手親指の神経が切れた時、急遽岡崎まで来て、夜に見ていただいた先生。その時のお礼もしました。(が、ぜんぜん覚えてない様子だったけど……。)

さて、自分のことよりも何だか気になってしかたがなかったのが、この病院のIT化。相当進んでいた。離れたレントゲン室で撮った映像は、そのままオンラインで画面上に映し出された。(フィルムを運ぶのじゃないのだ)それからMRI検査の予約もその場でオンライン上で先生と決めた。検査結果の診断の日の予約も同じく。あっという間だった。それだけじゃなく書ききれないくらいだ。すごいな〜、と感心しっぱなしだった。自分のことより、そちらの方が興味津々だったが、ともかく大きな問題がなかったので少し安心。

会社に帰って事務仕事をし、夕方ラジオNIKKEI | カフェソフィアを聴いた。今日のテーマは「共感」だった。いろんな話の中でとても参考になったことがある。それは「共感」を得たいという気持ちには、大きな落とし穴があるということ。その落とし穴とは……。気にある方はぜひお聞き下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

こんなモノもつくりたい

かみさんが病院へ行くのを車で乗せて、待合室でたまたま、サライをパラパラ読んでいて、オオ〜!っと叫んだのがこのソニーの"QUALIA"ステレオヘッドホンだった。なんと26万円ですぜい。銀座のアップルストアーでボーズのQuietComfort2(クワイアットコンフォート2)を聴いたときに、びっくりした音。これでも4万円。それを超えるのか?? 一度でいいので聴いてみたいです。でもそれだけお金を出すなら、いいスピーカーで聴きたいし、とも思う……。(--;)

それにしても音の世界はきりがない。ギターでもいいギターの音を聴くと、感動する。これはもう魂の響きだ。お金では変えられない感動。分野は違うけれど、僕らもそういう商品もぜひ作りたいなって、ず〜〜〜〜っと思っている。

0117_myaさて。今日、もらったジュースの箱を開けたら、なんと猫が出てきました! な〜んてのはもちろんウソです。我が家のみゃーさんは大の段ボール好きで、段ボール箱を見つけると、こうやって陣取るのでありまする。猫のことは全くわからんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.16

集中力は黄色!

あるある大辞典で「黄色は集中力がでる色」なのだという。
それとは全然関係ない話なんだけど。アウベルクラフト
のサイトも黄色がベース、これも実を言うと考えて決めた色。人間の行動は結局は頭で考えて決めることと、なぜか気分で決めることと二つある。そのバランスがとても重要で、どちらかだけではだめなんだと思う。

特に、ネットで物を買うというとき、きちんと理論的に買うというときと、なぜか分からないけど、気分で買うときがある。そのバランスはとても大切なんだけど、黄色はリラックスできる色。アウベルクラフトみたいなサイトは黄色がベストなのだ。

さて、センター試験も無事終わりました。
次男坊はケロッとした顔で、自分の目標よりいい点が採れたそうだ。受験生のみなさん、お疲れさん。
(内心かなりほっとしてます。)自分の息子ががんばっていると思うと、遊びに出かける気分にはなれず、家にいた。テレビで地震のこととか、温暖化問題についての特集など見ながら、自分がどうすべきか、アウベルクラフトはどうすべきかをいろいろ考えた。特に「手作り」と「地球温暖化問題」についてはいろいろな想いがある。いつかまとめてみたいなあ。

0116_sugakiyaぜんぜん関係ないけど、最近のお気に入りのラーメンがこれ! 大のラーメン好きなボクですが、インスタントラーメンにも目がないです。多分「寿がきや(すがきや)」はこの地方だけかもしれませんが、おいしいラーメン作ります。このワンタン入り玉子とじラーメン、ちょっと高いですが、ホンマにうまいですぜ。(^_^)b
念のためですが、手作りキットを作ってる会社をやってるから、インスタントラーメンは食べないかと言うと、そんなことはありませんよ。とにかくラーメン好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.15

手作りの本

0115_books月に2回、図書館に出かける。図書館は書店にはない本が見つけられるから、まるで宝探しのようだ。ボクは毎回テーマを決めて、その本を借りてくることが多い。例えば、マーケティングだったり、デザインだったり、写真撮影だったり、とても楽しい。

今日は「手作り」をテーマに探してみた。いろいろあったけど、面白かったのがこの4冊。電子工作や、石けん、そしてあるとあらゆる食品の手作りが2冊だ。どれも本当に面白そうな内容でついやってみたくなることばかり。もちろんこれらはキットにしているものも多いし、いつかはと思っている物も多い。

僕らがキット作りを始めたのも、「手作り」を実際にやろうと思うと、道具や材料を揃えることがとっても大変なこと、情報が足りなかったり、本があっても説明が不十分なことが多いという体験からだ。しかもそれだけじゃない。道具や材料はとても高いことが多いのだ。それを探す労力もかなり、途中で挫折気味なことも……。

ある程度経験がある人、知識が豊富な人、情報を持っていて何とかなる人にとって、これらのことはそれほど高いハードルではない。ところが大半の人は、興味はあっても、どうして良いのかわからないことの方が多いのが現実なのではと思う。

だったら、良質な材料をそろえて、道具も僕らがもっと改良して使いやすくして、なおかつ作り方を僕らが自らの失敗の経験を含めて分かりやすく付けたらいいのでは……。(相当の失敗を繰り返してますよ。絹ごし豆腐キット手作りチーズキットは何十回の失敗がマニアルに活かされています。諦めたこともあるくらいです。)これがアウベルクラフト流のキット作りのきっかけだった。ただ単に道具と材料を揃えてキットだというのでは意味がないわけだ。

敷居を低くして、これならやってみようかなと思ってもらうことがまずは大切なんだと思っている。ところが実際やってみると敷居は低いけど、その先はやっぱり創意工夫の楽しい世界が待っている。本当に手作りは奥が深くて面白いもんですよ。とにかくやってみようよ、人生変わるかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.14

トートブックカバー

0114_bookcvアウベルクラフトのトートブックカバーが新タイプに変わります。
これも楽天への出店効果(いろいろありますが)かなと思いますが、最近このブックカバーがよく売れるようになりました。ブックカバーでこんなふうにトートバックの生地で作れらたものは殆どないと思います。

これはかなり前ですが、小学館のビーパルという雑誌の通販コーナーに使われたものです。
別件で商談に伺ったとき、こんなものを考えていますと話したら、すぐにビーパルのロゴを付けて売りましょうということになりました。結果的にびっくりするほど売れました。ヒット商品に近いと言われたことを覚えています。

それからはずっとそのままにしていましたが、あるお客さんのご要望がきっかけで、もう少し使いやすくすることにしたのです。もともとちょっと地味っぽい色使いですが、ペンホルダーにトリコロールカラーを使って、少しおしゃれにもなりました。もうすぐ発売です。ぜひ買ってくださいね。

0114_ontake今朝、出かけるときに御嶽山(3,067m)が! 100キロ以上離れているけどくっきり見えました。ここから遠くの景色を見るのが、毎日の日課になっているのですが、こんなにはっきり見えるのは珍しいです。明日は、次男坊のセンター試験日、どうやら雪マークらしいですが、穏やかになって欲しいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.13

スローフードについて

今日もらったメールでボクはとっても嬉しい気分だ。
実は先日ある大学の学生さんからメールをもらった。ゼミの研究で「スローフードについてのアンケート」ということで、いろんな質問がきた。まだその詳しい返事はこれからだけど、カンタンなメッセージだけを書いて送ったらその返事が来た。

----(以下一部転載)---

「難しくするのではなく、できるだけ楽しく、身近なところから」というお考えは、すばらしいとい思います。

今まで、日本の食生活の変化に危機感を持ち、様々なイベントや講演会にいったのですが、やはり私たちには「理想」でしかありませんでした。徹底したスローフードを行っている人々は本当にすばらしいし、もちろんそれが理想です。

しかし、どこか遠い世界の話であり、その講演を聞いて「よし、明日からやってみよう」と思う人は少ないのではないか、と私たちは考えました。

そこで私たちは、実際に仕事や学校がある、消費者の視点に立って考えた“身近な、日本のライフスタイルに合ったスローフード”を、定義ではなく提案していきたいと考えています。

楽しく、身近だからこそ、年齢問わずみんな挑戦してみたくなり、長く続くと私たちも考えています。

----(以上)----

本当にすばらしい考え方と志ではないか! そしてボクも全く同じことを考えている。(いや多くの人は同じように感じているのではないだろうか。)

アウベルクラフトの社会的貢献のアプローチは、まさにそのやり方だ。大上段に構えるのではなく、もっと身近でもっと楽しく、そして手作りの文化が、人と人との絆になっていくような、そんなやり方がきっとあるだろうと。

ゼミの研究レポート、ぜひみせてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.12

ハム作り開始〜♪

m0111_08今日はマッキーの生ハム作り初挑戦!を早速スタートさせた。
こういう雰囲気のページ作りは楽しい、作ってる自分が楽しいときは、読んでる人も同じなんだと思う。
それにこれは同時進行なので、いつなにが起こるか分からないのがいい。
失敗してもそれはそれで意味があるから……。

そのあと、メルマガの発行とか、新カタログの構想を練ったりで時間があっという間に過ぎる。
そうしている間もいろんな所からメールがどんどん来るけど、
最近ほりえもん式『超メール術』に変え、ホルダーとルールを細かくして、残ったものがTo Doになるようにしたら、意外に良いことがわかった。

そうそう、アップルからのメールでiPod シャッフルの案内が。
いつかはと思っていたら、こんなに早く出るとはおもわなかった。
う〜ん、でもボクの関心はそれよりミュージックストア(ダウンロード)を早くスタートさせてほしー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.11

生ハムをつくる

takahasiniku今日からマッキーが「生ハム作りに初挑戦!」ということで
前回のマッキーのビール作り初挑戦!に続いて
これも連載しようということになった。

よ〜し、それならお肉を買いに行くところからレポートしようではないか。
生ハムはその名の通り、生の肉を熟成させ、燻煙し時間を掛けてじっくり作るもの。
だからお肉はできるだけ新鮮なものでないといけない。

つまり店頭にあるものじゃなく、
お肉屋さんに「生ハムを作るので、できるだけ新鮮なものを」と
あらかじめ頼んでおく必要があります。
しかもスライスでなくブロック肉です。

さて、ここは会社の近くにある高橋精肉店さん。
昔からある市場的な商店街の中にあって、とてもいい雰囲気だ。
以前もマッキーはここでハムやベーコン用で買っている。

実はこの時予約したモモ肉はスライスしちゃってたのだ……。
こんなに早く来るとは思わなかったもんで、と……。(;´_`;)
結局肩ロースに変更。

さあ、帰って仕込みをするぞ〜〜〜!
あさってから彼女はニセコにスキーツアーにでかける。
だからその間は「ボク」が世話をすることになるのだが……。

初日のようすはできたら明日くらいにアップできればなあと思ってます。
どうぞお楽しみに!

今日はラジオNIKKEI | カフェソフィアを聴いた。
テーマは「21世紀の働き方」で連載中。
毎回、田坂先生の話には感銘を受ける。
感銘をうけるだけぢゃだめなんで、これをどう行動していくか、が当然大切なこと。
でも良い話を聞くと、ココロがとても素直になれる。
毎週一回の放送なので、興味がある方はぜひ聴いてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10

僕の仕事場

今日は祝日なので、電話も殆どない。こういう時こそとじっくりアイデアを練ったり、CSSの勉強をした。

ryuji_deskというわけで、これが僕の仕事場です。

1.WEBデザイン関連の雑誌、参考書
  最近、初心に返って勉強中、今はCSSをコツコツと……。

2.デジカメCASIO EX-Z55
  毎日ポケットに入れてバシバシ撮る。とにかく電池の持ちがずば抜けてる。しかも500万画素。

3.モバイルパソコンSHARP HC-AJ2
  いくらiBookがノートでも、持ち運びはやっぱりこちらが小さくて便利。もっぱらテキストデータ作成と自分エッセイ、日記用

4.これは5年前にまとめたアウベルクラフトの秘密。
  僕らは僕らのやり方がある! 迷った時はいつもこれを見るのだ。

5.iPod mini
  今880曲くらい入ってる。どこへ行くときもこれは持って行動する。ピンクフロイド、カントリー、ジャズ、ミスチル、コブクロ、テレサテン、平川地一丁目までいろいろ……。

6.最近読んだ本
  どちらかと言うとビジネス書が中心、新刊はすべてチェックする。

7.iBook G4
  もちろん昔から大のマックファン。名前をKENと言う僕の相棒。なくてはならない存在だ。

8.ギターMASTER CUSTOM
  大学時代に神田小川町カワセ楽器で特注したギター、ネックが反ってるけど愛着があります。

9.カスタムデスク?
  兄に注文して作ってもらった机、シンプルで使いやすい。

10.アップルキーボード
  iBookのキーボードは使いにくいのでこれを使う。さらに小さなテーブルも兄に作ってもらった、とても使いやすいです。

11.Ryuji Note
  とにかく何でもかんでもアイデアや思いついたことなどを書くロフトで買ったオレンジのノート。もっとも大切な僕のシンクタンクです。

12.キャンデー、甘納豆、チョコなど
  最近甘党に変身してしまった。特に甘納豆!!ここに置いてあるだけで安心するのだ……。ちなみに僕は大の焼酎党です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

旅したい

050109今日は読みたかった本をじっくり読んだ。
その一冊『アルケミスト』は副題が「夢を旅した少年」、旅か〜、いいなあ。と読み始めたのだが……。

要するにサンチャゴという少年が夢を追い続ける旅をするストーリーなんだけど、想像以上にかなり考えさせられた。
あの星の王子さまもよーく読んでみると大人の童話で、かなり奥の深いメッセージがある。それと似たような奥の深いメッセージがいっぱいだ。

途中、??の部分も時々出てくるけど気にせず読み続ける。次第に僕もいっしょに旅をしているような感覚になってしまった。いろんな人との出会いがあり、信じられないようなことが起こったり、嬉しいことがあったり、これが旅なんだと思える。そして最後はおお〜〜! っという結末になっている。これはココでは話せないけど。

そうそう、アルケミストというのは錬金術師という意味だそうだ。今の時代だとあまり良いイメージぢゃないけど、このストーリーに登場する錬金術師が大きな存在なのだ。……、割と短い時間で読めるのでぜひ読んでくださいね。

僕も旅が大好きで、学生時代は休みになるとヒッチハイクの旅をしていた。特にヒッチハイクの旅は先が読めない。読めないからこそわくわくするし、とんでもないことも起きることが多い。ひとり旅は「自分との対話」、いつも判断に迫られる。その判断を間違うと結果はぜんぜん違う方に向かってしまう。

でもそれもよし。と思うことで次ぎの展開は必ず良い方向に向かう。つまり全てのできごとは自分が良い方向に向かうために必要なできごとなんだってコト。旅を終えるころになると、いろんな人との出会いやできごとが自分の成長の栄養素になっていることがわかる。

あっ〜と、話はそれたけど、つまりは「夢をあきらめないで、追い続けることを、勇気を持って本当にやろーぢゃないか君たち! どうしてみんな簡単にあきらめちゃうの? あきらめないでいると宇宙まで見方してくれるんだよ」という勇気百倍になる本だということです。僕は少しやる気になりました。

050109_02これは僕が本を読んでいる間じゅう、横でただひたすらだらけて寝ている猫、みゃーさんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

健康に感謝!

2ヶ月前に大腸内視鏡検査でポリープが2個見つかった。
その時に切除した細胞検査で一つは初期のガンだったことがわかった。
まさかと思っていたのでびっくりしたけど、逆に言うと幸運だった。

今日はその後の傷口を内視鏡で再検査だった。
S状結腸の場所なので、画面を見ながらの検査。
目の前の画像をみて、これが僕の腸の中? 不思議な気分だった。

傷口の部分はきれいになっていて
「問題ないですね」
と先生の診断。ほっとした。

健康がなによりと、よく言われるが、自分がこういう経験をすると
やっぱり、その意味が何倍にも感じる。
「生きる」ことはすばらしいことだ!
もっともっと生きているうちにいろんなことに挑戦しよう。
もっともっといろんな所に出かけてみよう。
もっともっといろんな人に出会ってみたい。
ココロからそう思う。

bepal_2帰りに本屋さんに寄ったらビーパルの2月号があった。
42ページにおいらが載ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.07

ホームページの更新

今日はさっそく昨日のアドバイスを参考に
アウベルクラフトのトップページを変えてみた。

今までは売りたい商品や新商品をどうしても上に表示しがちだった。
初めての人にはわかりにくい(敷居が高い)商品の場合は敬遠され、
すぐに他のページに行ってしまうことが多い。
商品の並べ方も同じく、比較的敷居の低いものから並べていくことが大切なようだ。

僕のホームページ作りはずっと全くの独学でやってきた、
デザインもタグ作りもずっとそうだった。
今まではそれで良かったかもしれないけど、
少しだけレベルアップの勉強を始めようかなあ……。
FlashとかCSSとか…。

実をいうと少し勉強を始めてみたものの、
自分には無理かも…とそのままにしていた。
今年は少しづつ楽しみながらレベルアップしようかなあ、って思う。

macky_osusumeこれを作っていて、ふと思った。
そう言えば、しばらく燻製つくりから遠ざかっていたなあ…。
大好きなスモークチーズ、今度つくろ。(^_^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.06

今日は仕事始めだ〜!

多くの会社は今日が仕事始めですね。
会社の仲間や仕事先の方、そしてお客さんに新年の挨拶をして、
あっそうだ。今日から新年なんだ……。
という。かなり普通な仕事始めの気分です。
(つまりは休みボケなのだろうが?)

机の上にはFAXがたまっていて、ぼーっとしている間もなく、本日締切の書類作成にかかる。
rotenburo_kit_ill0
というのも組立式・露天風呂キットがある通販カタログで仮決定したからだ。
このままどうか正式決定しますように!!!

夕方には楽天市場の新しい担当の方から挨拶の電話があった。
せっかくなので、アドバイスを受けようといろいろ聞いてみた。
するとすぐさま3つほど、アドバイスをしてくれた。
さすが! 楽天さん。そう思える話だった。

今年の僕のテーマは「イチローの法則」を徹底的に!
(一歩一歩の積み重ねでしか頂上には行けない。)
なんだけど、2005年の初日から一歩進めた。
感謝感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

岩津天神は学問の神様

iwazu久しぶりに岩津天神に出かけた。ここは学問の神様、菅原道真が奉られていて、合格祈願で有名だ。元旦に豊田の実家へ行った帰りに寄ろうと思ったが恐ろしく渋滞であきらめ、改めて今日でかけた。(今日はびっくりするほどしずか〜だった。)というのも、今年次男が大学受験だから。

こうやって両目を黒く塗ったダルマが供えてあるのもこの岩津天神らしいね。ダルマさんたち、これだけ並ぶとかわいい〜〜!

そのあと、幸田町の図書館(ここはとても静かで岡崎市民も図書カードを作れる。)に行き、本とCDを借りた。前から探していた『アルケミスト』が偶然見つかったので、借りてきた。「常に、自分が何を欲しているか知らなくてはならない」という言葉のことを何かで聞いていて、いつか読みたいと思っていたのだ。

さあ、明日は2005年の仕事始め。新たなキモチで行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

「コーヒーの木」

「コーヒーの木」成長記録をホームページで連載していたことがあった。でも2回挫折した。このページで最後に戻ってきたコーヒーの木くんも、実を言うとそのページでは正直に書きそびれてしまってそのままだが。その夏に水やりを怠って枯らしてしまったのだ。(僕にはこういう植物を育てる優しさがないのかと……。)

ところが。なぜかこのページのアクセスはアウベルクラフトのサイトの中でもかなり多い。不思議。ホントに不思議。時々どうしたら枯れたコーヒーの木を再生させることができるのか? という質問メールもいただいたりしちゃう。すみません、僕はそんな力はないけど西川さんのお陰なんです。

僕はいつか、自分で育てたコーヒーの木で実を成らせ、そのコーヒー豆を収穫したらコーヒー焙煎キットで焙煎して飲んでみたいという夢がある。しか〜し、コーヒーの木の栽培は僕のようなズボラな人間にはそんなにあまかーない。特に冬に弱いコーヒーの木は難しいのだ……。

coffeetree_0104とはいえ。密かに性懲りもなく、コーヒーの木の栽培を続けている。こいつらがそうだ。一つはあの西川さんが、どっかで見つけてきてくれたやつ。小さいのが去年の6月に豊田市のジャスコで買ったやつ。夏の時期は去年は特に暑い日が多かったので、大変だった。(というかね。大きい方は会社に置いてあって枯れそうになった(-.-)。さらに、2本あって一本は枯れた……。ヒドイでしょう?)そして冬になるとまた意外に難しい。陽に当てていれば良いということもなく、かえってシュンとしてしまったりする。現に葉の色も悪いし端っこが茶色になってるぢゃないか。だれか親切な人、いたら教えてくださいな。(;´_`;)

ともかく、先のほうにいつも元気な若葉が次に見えていればとりあえず安心状態なのですが。いつも気になっているこのコーヒーの木たち。元気に育ってね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.03

今年はこれを練習しよう!

oshio押尾コータローというギタリストは2年くらいまえから気になっていた人のひとり。CDは前から聴いていたけど、探していたDVDとタブ譜が手に入ったので、本気で練習を始めることに。

ではでは、とSPLASHをジャ〜ン♪。と始めたものの、そう簡単にいくわけはない……。見てるのとやるのは大違いなのはわかっていますが、根気がいるなあ。今年は「イチローの法則」で毎日こつこつやって行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.02

澄んだ青い空!

050102_01正月は空気が澄んでいるので空も真っ青だ。
雲一つない青空。
我が家のベランダから名古屋方面を見る。
名古屋駅のツインタワーをじっくり探してみた。
でもやはり肉眼では全く見えない。
デジカメで望遠にするとひょっとして写っているかも……。
050102_02と撮ってみました。すごい、ホントに写っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

謹賀新年

05-01-01_23-252005年、今年は良い年になりますように!
我が家のみゃーもお陰で元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »